head_tel_sp.png
お問い合わせ

審美歯科

審美歯科とは 

審美歯科とは、歯を白くするだけではなく、事故で欠けた歯を他の歯と変わりなく治療したり、金属色が目立ってしまう詰め物を目立たない材料にしたりと、総合的な歯の美しさを修復する治療のことを言います。保険適用外のものが多くなってしまいますが、歯は人の印象を決める大切な部分。満足度を求めるなら審美歯科が一番です。審美歯科治療には、歯を削らずに白くするホワイトニング(漂白)と、歯に詰め物や被せ物をして歯を美しく白くするセラミック治療があります。

金属アレルギーの方へ

歯の治療をしてから身体の調子が悪い方は、当院までご相談下さい
歯の治療をしたあとに体調を崩してしまう場合があります。その原因は詰め物による金属アレルギーかもしれません。安価で操作性が良いことから、銀歯のでの治療は多くなされています。ネックレスなどの金属は問題なかった方が、銀歯などの詰め物をしたことによって、慢性疾患を引き起こしてしまうのです。この症状は「歯科金属アレルギー」と呼ばれています。
疾患症状を改善する方法は、歯に詰めた金属を取り除く以外にありません。取り除いたあとは他の詰め物をしなければなりませんが、体に害のない詰め物を選択することが重要です。体に害の少ない詰め物は複数から選べます。

ファイバーコア

ファイバーコアとはグラスファイバーと樹脂素材でできた土台(コア)のことです。グラスファイバーは弾力性に富んでおり、金属に比べて歯の負担が軽くなるため、力が加わった時に歯が割れたり折れたりする危険性を減らすことができます。また見た目も本物に見えるので審美性にも優れています。強度は高くないため、適応症例は限られます。

オールセラミック

実際の歯にある透明感を再現できるのがオールセラミックです。セラミックは長期的に変色も少なく、天然の歯に近い色合いを表現出来るため、自然に見えます。見た目にこだわる方には向いていますが、金属に比べると精度は劣り、対咬歯をすり減らすことがあるので注意が必要です。

ハイブリットセラミック

セラミックと合成樹脂の混合物でできている素材で、オールセラミックに比べて素材が柔らかいため、噛み合う歯を痛めにくいのが特徴です。
比較的低コストで治療されたい方におすすめです。

PFM・ポーセレン+金属

金属の精度とポーセレンの色の利点の複合。色調はわずかにセラミックに劣りますが、非常に丈夫で長持ちします。
噛み合う歯をすり減らしにくい形にすることも可能です。歯やブリッジといった、強度が求められる部分には、オールセラミックよりも適しています。


見た目だけの審美治療は行いません!機能を伴わない補綴治療はただの破壊行為です。

審美歯科のメリット・デメリット

審美治療のメリット

  • 見た目に自然な美しさがある
  • 保険治療のような制限がなく、より良い治療が受けられる
  • 歯並びが良くなる
  • 治療した歯のまわりの歯も虫歯になりにくい
  • ブラッシングしやすくなり、歯周病の予防にも繋がる
  • 歯並びの改善により、食べやすく話しやすくなる
  • 顔立ちが若返ってみえる

審美治療のデメリット

  • 保険外治療となるので、費用が多くかかる
  • 精密な治療を要するので、1回の治療時間が長くなる
  • 保険診療より手をかけた治療となるため期間が長くなる
やまもと歯科医院の特徴 診療時間・アクセス
よくあるご質問 歯医者ガイド