head_tel_sp.png
お問い合わせ

インプラント・入れ歯

インプラント

インプラントとは

最近では「インプラント」という言葉もすっかり浸透しましたが、元々は「埋め込む」を意味しています。歯科治療でのインプラントは、失ってしまった歯の代わりに、人工の歯を埋めることを指します。
「埋め込む」というと痛そうなイメージがともないますが、体の一部を失ってしまったとき、人間はそれを別のもので補うとことを行ってきました。整形外科では人工関節を骨に埋め込む治療は広く認知されています。歯科インプラントの歴史も、遡ると40年以上も前から臨床実績を重ねてきましたから、安心していただけると思います。


インプラント治療について

インプラントの顎に埋め込む部分(歯根)にはチタンが使われています。金属アレルギーを心配する方がいらっしゃるかもしれませんが、チタンは最もアレルギーが起こりにくい金属なので、ほとんどすべての方に使用できます。
顎の骨にしっかりと固定されるインプラント治療は、ぐらついたりせず、取り外して洗う必要もないので、入れ歯などとも比べてもメンテナンス面で優れています。天然の歯と変わらない感覚で噛むことができ、自然で美しい歯を手に入れることができます。

インプラント治療計画に関して

インプラント治療では手術の前後の計画も重要です。当院では、インプラントの治療計画と、オペ後のメンテナンスを大切にしております。安全な手術と、長期間の安定の為に、治療計画を立てるときにまず確認するチェックポイントは以下の2点です。


顎の骨はインプラントを植え込める状態か?
お口の中はインプラントに適した健康状態か?


虫歯や歯周病などがあれば、インプラントの前にすべて治療します。

メンテナンスに関して

インプラント治療は手術後のメンテナンスが非常に大切です。高額な治療であることよりも何よりも、インプラントの予後不良となると重大な欠損が生じる恐れがあります。そのような事態にならないようにしっかりとメンテナンスを行う必要があります。
手術後はプラークコントロールは欠かさず、定期検診(メンテナンス)に通いましょう。
予後が良くないと思われる場合は、患者様の希望があってもインプラント治療をお断りする場合もあります。長期安定しない物をむやみに勧め、安易に収入を得たいとは思いません。治療する限りは、長く安定して良い状態を保つようにしたいと考えています。

入れ歯

入れ歯(義歯)

初めて入れ歯を作る方は、入れ歯の違和感や痛み、食事や発音の不便に不安があることでしょう。また、以前に入れ歯を作ったことがあるけれど、痛くて使えなかったなど、新しい入れ歯を作る前には心配なことがいくつもあると思います。

当院では、咬む機能(咬合)を重視し、あくまでも咬む機能を回復するための入れ歯治療を行います。入れ歯と一言で言っても、その材質や形状の選択肢は様々あります。

患者さんご要望とお口の状態に適した義歯の材質や形態をしっかりとご説明、ご提案しております。「違和感を少なくするために薄い入れ歯にしたい」「金属が目立たない入れ歯にしたい」「しっかりと安定して長期間使える入れ歯にしたい」…このようなご要望も入れ歯の材質によってお応えできる場合がありますので、不安なことがありましたら、何でもお気軽に相談ください。

入れ歯のメリット、デメリット

メリット
  • 簡単に取り外しができる
  • 手術の必要がない(手術が必要な場合もあります)
  • 材質にもよるが、保険が適用される
デメリット
  • 外れやすい
  • 口の中にものを入れている装着感がある
  • 見た目が変わる
  • 天然の葉に比べると噛む力が弱い

しかし、入れ歯の開発・研究も進んでいて、保険適応外の自費診療となり高価にはなりますが、材質・素材・形状を改良した入れ歯もあります。
お口の状態に合わせて選んで頂きますので、今使っている入れ歯が痛いという方もお気軽にご相談ください。

やまもと歯科医院の特徴 診療時間・アクセス
よくあるご質問 歯医者ガイド