head_tel_sp.png
お問い合わせ

根管治療

根管治療とは

治療したはずなのにまた痛くなる…歯医者に通っているのに治らない…そんなことありませんか?
根管治療とは、細菌に感染してしまった歯質や神経またはその壊死組織を徹底的に除去することで、歯の根の病気を治療・予防するものです。
むし歯が歯髄まで進行してしまった場合や、歯を支える土台である根の病気になってしまった場合には、この根管治療が必要になります。
根管とは、歯の中の神経や血管の通っている細い管のことで、歯根管とも言われ、歯根の中軸にある管です。

根管治療の方法

まず、むし歯になった部分を削り取り、歯の神経があるところまで穴をあけます。
そして、炎症を起こした部分や細菌に感染してしまった歯髄を除去して、神経の通っている穴(歯髄腔)と、それにつながる根管の壁を少し削りながら、全体をきれいに清掃、消毒します。
この作業は狭い口の中で、しかも直接見ることが難しい複雑な構造の歯の中での細かい作業です。根管治療は歯科治療の中でも相当な技術を必要とします。
その後、その空間に隙間なく詰め物をし、歯にあけた穴も金属などで補強した上で、被せ物で塞ぎます。

 根管治療の必要性

虫歯によって破壊された歯でも、正しく根管治療を行った上で保存すれば、もとの歯と同じように噛めるようになり、また末長く機能できるようになります。
虫歯治療をしても、根管に細菌や感染組織の取り残しがあった場合は、早期再発し、せっかく被せたクラウンや義歯もろともに歯を台無しにしてしまうことになりますので、この様な事態を招かないよう、根管治療においては、歯を永く温存する為に、まずは診査・診断を行い、その結果に基づいた適切な処置を行います。
根管は非常に細いだけでなく、硬くなった部分があったり、途中で曲がっていたり、複雑な構造をしています。根管治療では、こうした肉眼では見えない部分にまで、小さな細い器具を完全に通過させて清掃・消毒し、すきまなく詰め物をするという精密な作業を行います。
根管治療は、「歯を抜く」ことでなく、「歯を残す」ためのものです。

やまもと歯科医院の特徴 診療時間・アクセス
よくあるご質問 歯医者ガイド